新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年も皆様お一人おひとりにご満足いただける施術を心掛けて参ります。

何卒、よろしくお願いいたします。

年末年始の営業について

年末年始の営業についてお知らせいたします。

12月31日(日)〜1月4日(木)までお休みをさせて頂きます。

1月5日(金)からは通常通り営業いたします。

 

よろしくお願いいたします。

冬と東洋医学

紅葉も終盤に差し掛かり、今年も残すところあとひと月となりました。

 

例年よりも冷え込む日が多く、暖房機器なしでは過ごせなくなってきました。

 

そのような気温が上がらない日が続くと、東洋医学では「寒邪」が体に影響を与えると考えます。

 

「寒邪」とは文字通り、寒さが体に及ぼす邪気の事であり以下の現象が現れます。

手足や腹腰部の冷え・薄い鼻水や尿が多く出る・筋肉や関節がこわばり痛む、などです。

いわゆる「冷え」からくる症状とよく似ています。

 

「寒邪」は皮膚表面から体の深部に侵入しやすく、改善するには体を内側から温める事が大切です。

そのため半身浴や運動、食事に気を付けなければなりません。特に年末年始にかけてお酒を機会が増えますので、冷たい飲食物は程々に控えましょう。

 

体を温める食材として、冬至に欠かせないゆず・かぼちゃ、また、ねぎ・大根・はちみつ・にんにく・シナモン・唐辛子なども効果的です。

 

「寒邪」対策を万全にして、師走を乗り切りましょう。

秋は燥邪にご注意を

10月を迎え、過ごしやすい季節に入りました。朝晩は少し肌寒いですが、日中は日差しが強いため、まだ暑い日もあります。

 

東洋医学では、秋が身体に及ぼす影響を「燥邪(そうじゃ)」と言います。

文字通り乾燥に関わる症状が、身体に現れます。

秋は「肺」との関連が深いため、喉の痛みや空咳が出現しやすく、また、肌の乾燥や髪の毛のパサつき等も起こります。

 

乾燥により、体内の水分量が低下してしまうと、風邪や頭痛、便秘など、熱を伴った症状が現れます。

 

燥邪を予防、改善する食材として大根・しそ・生姜・ねぎ・白菜などがお勧めです。

身体に潤いを保つ食材としては、梨・はちみつ・ごま・ごぼう・れんこんなどがあります。

 

涼しくなりましたが、水分補給をこまめに行い、乾燥に負けないお身体にしましょう。